Excel+MySQL連携:4 Excel VBAでMySQLへ接続してデータベースの情報を見る方法

vba-mysql

エクセルとMySQLの連携に関する備忘録です。今回は下記(4)について書きます。今回からExcel VBAが登場します^^

(1)さくらのレンタルサーバのMySQLへ自分のwindowsパソコンからsshで接続する方法
(2)ODBCでMySQLへ接続してデータベースの情報を見る方法
(3)Power QueryでMySQLへ接続してデータベースの情報を見る方法
(4)Excel VBAでMySQLへ接続してデータベースの情報を見る方法 ←今回の投稿
(5)Excel VBAでMySQLへ接続してCRUD操作する方法(予定)

ステップ1:Excel VBAとは?

Excel VBA(Visual Basic for Applications)って知っていましたか?
私も恥ずかしながら数カ月前までは、存在は知っていましたが、どんなものか全く知りませんでした。とりあえずプログラミング的なモノという捉え方でした。
しかしながら、スクーの授業で田中さんの授業を見た時に、おぉ!これはいい!と実感しました。何が良いかと言いますと、

・会社などでエクセルのセルをコピペして同じ内容の作業を繰り返す時に、VBAで繰り返し作業をプログラムすることであっという間に作業が完了できてしまうこと。
・普段エクセルで使っている関数(正式にはワークシート関数)をVBAで呼び出して使えること。
・ワークシートの構成がMySQL等のデータベース(DB)の概念を理解するのに非常に役立つこと。
・VBAはプログラミング言語なので、これを習得すると自然と論理的思考が身につき、どんな仕事においてもスタートとゴールまでの過程を細分化し、論理的に組み立てることができるようになること。
・エクセルというマイクロソフトオフィスさえインストールされていれば、誰でも無料で使えること。

といったことが非常にいいですね。最近、小学校などの授業でプログラミングが入ったり、キッズ向けのプログラミング教室などが増えてきているようですが、エクセルもその入口の1つにしてもいいかもしれませんね。

ステップ2:事前準備を行おう

Excel VBAでMySQLに接続するには次の2つの過去記事を参考に、さくらのレンタルサーバにSSHで接続できるようにして、ODBCドライバをインストールしておく必要があります。

(1)さくらのレンタルサーバのMySQLへ自分のwindowsパソコンからsshで接続する方法
(2)ODBCでMySQLへ接続してデータベースの情報を見る方法

以下は、上記2つが済んだ状態を前提に書いていきます。

ステップ3:PortForwarderを起動しよう

ステップ2の(1)で導入したPortForwarderを起動します。
起動することで、手元のパソコンからさくらのレンタルサーバにSSHで接続し、localhostのポート:3306にアクセスされたとき、さくらのレンタルサーバのデータベースサーバのポート:3306に自動で転送されます。
タスクトレイにPortForwarderのアイコンがあればOKです。

ステップ4:テスト用テーブルを作成する

テスト用にテーブルを準備します。私はさくらのレンタルサーバで標準で使えるphpMyAdminを使って簡単なテーブルを作成しました。
さくらのレンタルサーバのコントロールパネルの「データベースの設定」で、以下で示したところをクリックするとphpMyAdminが開きます。
phpmyadmin
今回は適当にこんなテーブルを作成しました。
※テーブルの作成方法はgoogleで検索してみてください。
phpmyadmin

ステップ5:VBAでマクロを作りましょう

マクロとはエクセルの機能の1つで、VBAで記述したプログラムを実行するためのものです。ですので、マクロ=VBAではないのでご注意を!

(a)マクロを実行するためのボタンを作る

まず、まっさらなワークシートを準備します。
次に、上部のタブに「開発」タブがあるか確認してください。ない場合はこちらを参照して表示させてください。
開発タブを表示できたら、開発>挿入>ボタンの順にクリックします。
vba-mysql
そうするとカーソルが十字になりますので、適当なところでドラッグしながら矩形を描きます。描いた後にドラッグを放すと、以下の様なウィンドウが表示されますのでOKをクリックします。
vba-mysql
ここで、マクロ名が私の表示と違うと思いますが、問題はありませんので気にしなくてもOKです。とりあえずここまで終わると、シート上にいま作成したボタンが表示されていると思いますので確認ください。
vba-mysql

(b)Visual Basic Editor(VBE)でVBAを記述しましょう

今作成したボタンの上で右クリックをして「マクロの登録」をクリックします。続けて新規作成をクリックします。
vba-mysql
すると、自動でVBEが立ち上がり以下のウィンドウが表示されます。
(ボタン2がボタン3に変わっていますが私の都合です。気にしないで下さい)
vbe-mysql

VBEはVBAを記述するために使うツールです。VBEを起動するためには、ワークシート上で以下のショートカットキーを打ってください。
[ Alt + F11 ] これでいつでもVBEを起動することができます。

次に、今開いたVBEの右側の「Sub ボタン3_Click()とEnd Sub」の間に、以下のVBAの記述(コードと呼んだりします)をコピペします。

参考サイト:プチモンテ

ここで、”DRIVER={MySQL ODBC 5.3 Unicode Driver};”の「MySQL ODBC 5.3 Unicode Driver」のドライバ名称は、ステップ2の(2)で確認していますので、参照ください。
また、今回の例の補足を以下に示します。
goods:データベースのテーブル名
goodsID,goodsName,goodsPrice,addDate:それぞれデータベースのフィールド名

コピペしましたら一旦、以下のようにフロッピーアイコンをクリックして保存します。
vba-mysql

ステップ6:マクロを実行しましょう

ここまで来たら、あとはワークシート上に作成したボタンをクリックしてマクロを実行するだけです。私の例ではボタン3をクリックしてみましょう。
vba-mysql
すると、「DB接続成功」という小さなウィンドウが表示されます。これはVBAで記述したとおりの動作です。
vba-mysql
OKをクリックすると、このようにさくらのレンタルサーバのMySQLからテスト用のテーブルデータがセルに表示されます。上で示したphpMyAdminのテーブル情報と一致していることが分かりますね^^
vba-mysql

今回はMySQLのデータを表示だけさせましたが、次回はユーザフォームを使って追加、更新、削除のシンプルな機能を実装してみたいと思います。

ふ~、今回も長かった(*_*)

vba-mysql

いつも読んで頂きありがとうございます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です