windowsでバックアップすべきデータ【備忘録】

昨日windowsのリカバリ作業を行いました。記事はこちらです。

今日は、備忘録を兼ねて、windowsが死んだときにバックアップすべきデータをまとめておきたいと思います。あくまで個人的な内容ですので他の方はご参考まで。

FTPソフトの接続情報

私はNext FTPとWin SCPを主に利用しています。FTP情報を再度設定するのは面倒なので設定情報はバックアップしておきましょう。
こちらで紹介したportForwarderの設定ファイルも忘れず保存。

メールデータ

メーラーでメールを受信してパソコンに保存している方は、メールデータも保存しましょう。

筆ぐるめ

住所録のデータです。これなくなると大変なので忘れずに保存。

ユーザフォルダ

C:\Users\自分のユーザ名のフォルダ を丸ごと保存。細かくフォルダの中身を確認するのは面倒なため。

マイクロソフトオフィスの重要データ

これは本当に必要かは不明ですが、念のためバックアップしました。オフィスのシリアルキーを無くした場合に、以下のフォルダのtokens.datがあれば認証できるみたい?
不確定情報のため自己責任でお願いします。

C:\ProgramData\Microsoft\OfficeSoftwareProtectionPlatform\

※ブラウザはchromeをメインで使用し、アカウント同期をしているのでブックマークなどはバックアップする必要なし。

とりあえず、パソコン本体から救済しておくデータは以上です。

あと、クラウドに保存していて重要なデータは以下のとおり。クラウドにデータを置いているためパソコン自体のバックアップが少ないのは助かっています。ただ、クラウドも絶対安全とは言えないため、複数のサービスを使って分散してデータを保存しています。

・1passwordのデータ。大切なID、パスワードデータを格納。iphoneなどからも利用できるようdropboxに保存している。
・googleドライブ
・dropbox
・OneDrive
・evernote

いつも読んで頂きありがとうございます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です